227877

メニュー

オンライン状況

オンラインユーザー20人
ログインユーザー0人
登録ユーザー43人

お知らせ

※キャビネットのフォルダやデータが表示されない方へ※

各フォルダ内のデータが見られない・取り出せない方は、以下の手順を終えてからダウンロードしてください。(Internet Explorer用)
 ①画面上部のメニューバーにある「ツール」-「互換表示設定」を開く
 ②「追加するwebサイト」へ 「benribako.s58.xrea.com」と入力して、「追加」ボタンを押す
 ③「閉じる」を押して互換表示設定画面を閉じる
(③の工程を終えると自動で画面を更新します)
 

【新旅費システム2(Excel版)】-インストール(エラー修復)

【システムのインストール・バージョンアップ(エラー修復)の手順】 

  1. 準備作業
    ○旅費システムをインストールするフォルダを確認します。
     バージョンアップやエラー修復の時も、対象となるフォルダを確認しておきます。
    ○フォルダは、「X:¥教職員¥事務¥JjimuData¥Excel¥」や「D:¥JjimuData¥Excel¥」などのような構成になっています。
     システムは「JjimuData¥Excel¥新旅費システム2.xlsm」としてインストールされますので、X:¥教職員¥事務¥」や「D:¥」の部分が各校によって変わるということになります。これを確認しておいて下さい。
     (デスクトップという領域は「いつ消えても構わない」ものとして理解しておいて下さい。通常は、サーバー内のフォルダか自分のPCのローカルディスクなどにインストールします)
     ※〈参考〉南丹市のサーバーでは「userdata(X:)」となっているはずですので、通常は「D:¥」を「X:¥☆教職員¥事務¥」(英数字記号は半角)に打ち替えることになります。
    ○バージョンアップなどでは、旧データを引き継ぐ元になるファイル名が固定されています。
     バージョンアップや、新システムをインストールして旧システムのファイルからデータを引き継ぐためには、「新旅費システム2.xlsm」「新旅費システム2.xls」「新旅費システム.xls」の3種類のファイル名のいずれかでなければいけません。
    ○旧システムからデータを引き継ごうとする場合は、拡張子ごとに名前を確認し、旅費システムのフォルダ内に保存しておいて下さい。
     (「新旅費システム(4月分).xls」などの名前になっているためにデータが引き継げない事例が多いです。確認して下さい)

  2. インストール(バージョンアップorエラー修復)用のファイルのダウンロードと解凍(展開)
    ○インストール(バージョンアップ)用のファイル名は、「Ryohi2_VerUp.zip」です。(末尾の「zip」は見えないこともあります)
    ○ダウンロードは、デスクトップやUSBメモリでも構いません。作業完了後は削除しても構いません。
    ○ダウンロードして保存したファイル「Ryohi2_VerUp.zip」を探し、ダブルクリックして解凍(展開)します。
     (解凍(展開)の仕方はPCによって違います。うまく行かない場合は周りの詳しい人に聞いて下さい)
    ○解凍(展開)が成功すれば、「Ryohi2_VerUp.exe」というファイルが出来ています。(末尾の「exe」は見えないこともあります)

  3. インストール(バージョンアップorエラー修復)作業の実行
    ○インストール(バージョンアップ)用のファイル「Ryohi2_VerUp.exe」をダブルクリックして実行します。
     (実行にあたって警告画面などが表示される場合は、「続行」して下さい)
    ※エラー修復を行う場合は、8.以降の説明を参照して下さい。

    ○インストール用のファイルには、桐版・Excel版・その他ツール類などがまとめて同包されています。
    ○使わない機能用のツール類も同包されていますが、相互に関連している場合もありますので全てをインストールするようにしてください。
    ○「次へ(N)」ボタンをクリックします。
     

  4. ○インストール(バージョンアップ)作業に関わる説明です。
    ○「次へ(N)」ボタンをクリックします。

  5.  
    ○インストール(バージョンアップ)するフォルダの確認画面です。
    ○初期状態では「D:¥」になっていますので、準備作業で確認しておいたフォルダ名に訂正します。
    ○「次へ(N)」ボタンをクリックします。

  6.  
    ○インストール(バージョンアップ)するフォルダの確認です。
    ○インストール先の末尾に「JimuData¥Excel¥」の文字があってはいけません。
     これらは自動的に付加されますので、あれば戻って削除して下さい。

  7.  
    ○インストール(バージョンアップorエラー修復)のためにファイルのコピー中です。
    ○画面が切り替わるまで待っていて下さい。
    ○新規のインストールの場合、またはデータを引き継ぎたい旧システムのファイル名が間違っている場合は、「新規インストール完了」の画面が表示されます。
     12 ショートカットキーの作成を参照して、作業を完了して下さい。


  8. ○ファイルのコピーが完了すれば、フォルダ内に
    「新旅費システム2.xlsm」「新旅費システム2.xls」「新旅費システム.xls」のいずれかのファイルがある場合に、データ移行の作業に切り替わります。
    ○また、この画面の下部にはバージョンアップの履歴が記載されていますので、参考にして下さい。
    ○「Excel版データ移行の実行」ボタンをクリックします。
    この画面は、同じフォルダ内の「Excel_removal2.xls」というファイルの実行画面です。
     エラー修復を行う場合は、直接Excel_removal2.xlsを開き、この画面以降の作業を繰り返します。


  9. ○旧ファイルのファイル名を確認する画面です。
    ○良ければ、「OK」ボタンをクリックします。


  10. ○旧ファイルから新ファイルへ、データの移行作業が開始されます。
     データの多少によって作業時間は変わりますので、画面が切り替わるまで待っていて下さい。
    ○データの移行作業が終了すれば、次に「出張年休申請ファイルの更新」画面になります。
     この機能を使っていない場合などは実行する必要はありませんので、「キャンセル」ボタンをクリックします。


  11. ○インストール(バージョンアップorエラー修復)が完了すると、自動的に旅費システムが起動します。
    ○この画面は確認だけとし、一旦ファイルを閉じて下さい。

  12. 最後に、インストールしたシステムを使いやすくするために工夫します。
    システムは、各校のフォルダ構成によって5階層程度になる場合もありますので、使用のたびにフォルダを開いていってシステムを探すのが面倒です。
    このような場合は、システムのショートカットを作成しておき、これをデスクトップなどに貼り付けておいて起動するのが便利です。

    ○マイコンピュータなどで旅費フォルダから「新旅費システム2.xlsm」を探し、右クリックします。
    ○表示されたコンテキストメニューから、「ショートカットキーの作成(S)」をクリックします。


  13. ○同じフォルダの中に、種類が「ショートカット」になっている同じ名前のファイルが新しく出来ます。
    ○これをコピーし、デスクトップなどに貼り付けて、今後の旅費事務で利用します。
    ○なお、同じフォルダの中に「Excel.ico」というアイコン用のファイルも同包されています。
     好みによって、デスクトップに貼り付けたショートカットのアイコンを変更して利用して下さい。