227868

メニュー

オンライン状況

オンラインユーザー11人
ログインユーザー0人
登録ユーザー43人

お知らせ

※キャビネットのフォルダやデータが表示されない方へ※

各フォルダ内のデータが見られない・取り出せない方は、以下の手順を終えてからダウンロードしてください。(Internet Explorer用)
 ①画面上部のメニューバーにある「ツール」-「互換表示設定」を開く
 ②「追加するwebサイト」へ 「benribako.s58.xrea.com」と入力して、「追加」ボタンを押す
 ③「閉じる」を押して互換表示設定画面を閉じる
(③の工程を終えると自動で画面を更新します)
 
総務事務システムへのコピー&貼り付け手順
【請求入力シートから直接総務事務システム旅費精算入力シートへのコピー&貼り付け手順】

  1. 請求入力シートで旅費データを整理します。
    [月分実績]ボタンで、その月分のみを抽出して表示します。
    自宅帰着データなどの入力手順は、このページ を参考にしてください。


  2. 総務事務システム旅費事務の精算入力シートで、[氏名][出張期間]を入れておきます。


  3. [Ch]欄は、空白で未請求を表し、[1]以上で請求済みを表しています。
    ここでは用務内容をコピー&貼り付けますので、[Ch]欄が空白行の請求入力シートの該当セルをマウスで右クリックし、「コピー(C)」をクリックします。


  4. 精算入力シートのツールバーの真ん中のアイコンを使います。
    右の緑のアイコンが表示されていない場合もあります。左の黒のアイコンをクリックすると表示されます。
    3つのアイコンの真ん中を使いますので、クリックで選択します。
    続いて、[Ctrl]キーを押しながら[V]キーを押し、請求入力シートでコピーしておいた用務内容を記憶させます。
    (画面上では確認できません。そのまま次の作業に進みます)


  5. 精算入力シートの用務内容欄を右クリックすると、「貼り付け(P)」が使えるようになっています。
    [貼り付け]をクリックすると、記憶されていたデータがコピーされます。

  6. 3つのアイコンは、総務事務システム(仮想PC)と自分が使っているPCをつなぐ役割をします。
    1)旅費システム3の請求入力シートのコピーで、クリップボード(記憶領域)に一旦データを記憶しておき、
    2)総務事務システムのクリップボードに移し替え([Ctrl]+[V])、
    3)それを、精算入力シートの該当セルに貼り付ける、という流れになります。
    以下、簡易画面を使う場合は、「用務先」や「利用経路」などにも使うことが出来ます。


  7. なお、総務事務システムで作業が終わったデータは、左端の「ch」セルに「1」を入力しておきます。
    「1」は請求の作業が完了していることを表します。
    ちなみに、空白は総務事務システムで請求できていないことを表し、「2~」は再訂正などの状態の識別に使うと便利です。


  8. 実際の使い方は、このようになります。
    それぞれをウィンドウ表示にしておき、重なることのないように配置すると効率的に作業することができます。
    ちなみに、新しい出張を登録し、計算し、精算入力シートに転記し、提出し、chを「1」にするまでは、1分45秒でした・・・。
    総務事務システムでの文字入力のストレスは”半端ないって”レベルですが、なにより、このストレスから解放されるのが最大の効果でしょう。